熊本市北区のあさはら整形外科| 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科

肩関節障害


診断について

当院では、より的確な診断を行うため、問診、触診と合わせてX線やエコー(超音波)検査を行います。様々な角度から患部の状態をしっかりと見極め、医師の深い見識による正確な診断をモットーとしています。

肩関節疾患の診断においてはX線やエコー、MRI検査等で認められる解剖悪的変化をもとに、どの動作にて痛みが発症しているのか、関節弛緩性や逆に関節拘縮の程度など機能的変化に着目して診断を行っていくことが重要です。

治療について

治療に際しては、手術を早期に施行した方がよい例、しなければ治らない例を除き、運動器疾患では保存療法が第一選択で、肩関節疾患でも例外ではありません。お薬や注射、リハビリテーションなどの保存療法で症状の軽快を目指しています。

リハビリテーションでは、理学療法士スタッフが各種リハビリテーションプログラムのお手伝いをさせて頂きます。

肩関節でお困りの方へ

『肩の関節が痛くて、腕を上げづらい』
『関節の可動域が少ない』
『手を背中にもっていきづらい』

そういう症状でお困りの方はたくさんおられます。
関節内の内圧が上昇し、関節が動きづらくなってきているのです。
そういった方にはMRIによる精密検査をおすすめいたします。

※スマートホンからのお電話の場合は、上記画像をクリックして発信してください。

sign.png

ぜひご相談ください

股関節、膝関節が原因の場合

059cf4b2e83383f331741a9094985fdb_l.jpg059cf4b2e83383f331741a9094985fdb_l.jpg歩行時、運動時の関節痛、関節の腫れ、曲げ伸ばしが不便、階段が辛い、正坐、あぐらができない

頚(首)、肩が原因の場合

088d03824b7582313638b36eb46f733c_l.jpg088d03824b7582313638b36eb46f733c_l.jpg頚(首)、肩、背部の痛み、凝り、不快感、頭重感、手のしびれ、脱力、肩の動きが悪い、夜間痛

腰が原因の場合

e5180d96627c4cffd67ec16df4954eb0_l.jpge5180d96627c4cffd67ec16df4954eb0_l.jpg腰の痛み、だるさ、下肢の痛み、しびれ、脱力、歩行障害



当院でも禁煙治療が可能になりました

主な対象疾患例

LinkIconGoogleナビ